みんながおもう夏季という風情。海、花火、イベント。

近年年も夏季がやってきます。ごと年、夏季の楽しみは小トリップ、伊東への観光と熱海の海上花火フェスティバルだ。静岡市在住のわたしは、東静岡ターミナルから東海道線を使って行きます。
まずは夏季の幕開けとして、伊東市川奈の小トリップだ。伊豆唐突線で川奈まで赴き、ターミナルを降ります。後は歩いてで海岸まで坂を下りて行きます。ここは砂浜ではなく、岩場の海岸だ。水が濁ることなく、海に入ってみると、魚が泳いでいるのが可愛く見える。遠くには灯台が思え、随時、白い小舟が通り過ぎて行きます。なんとなく日本の海岸線ではないような光景だ。しばらく海を眺めて、次の行先へ向かいます。一旦、ターミナルに向かって坂を登って行くので、暑くて汗だくになる。でもこれこそ夏季という感じです。次の行先は一碧湖だ。暑いの場合、停留所まで歩いていきます。銭湯に乗るとエアコンで気持ちがいいだ。一碧湖にたどり着く頃には昼過ぎ4日数をまわっていますが、太陽は沈むことなく、サンシャインはきついです。ここは日暮れ日数が素晴らしいです。ごと年、ここに来たくてトリップを計画しておるようなものです。
夏季の終わりは、熱海の海上花火フェスティバルだ。同じく東海道線で熱海まで向かいます。正面が海、三方を山中で囲まれ、音は優。最後の夏季を惜しむかのように、盛大に花火が打ち上げられます。これが終わると夏季も終わってしまうなぁと少し寂しさ感じます。
近年年はビデオカメラも買ったので、おもう存分、撮ってこようと思っています。
ルメントはマギーやダレノガレも使ってるそうで欲しいな。

皆さんにとっての夏場というのは何でしょうか?

夏季といえば厚い、暑さを上回るためには?風鈴も一案ですよね。
今度は暑い夏季でも少しでも涼しくできるように風鈴について紹介します。
風鈴とは、日本の家のベランダなどにつりさげられておるちっちゃな鐘鈴だ。ちっちゃな鐘鈴の中には舌という部分が垂れさがっていて、下に短冊というものがつるされてあります。特有が吹くとともに短冊が揺れ動き舌が鐘鈴の消息筋にあたり、心地よい音が鳴る機構になっています。特有を涼しげなノイズに変化させるため私たちも気持ちいいような直感を喜べるということです。

風鈴の入口は中国だといわれています。中国で竹林に下げて風の方位やノイズのなり方で占いを行ったというのが出所とされていて、以後、お寺でその鐘が鳴って要る間は悲劇が起こらないと信じられてきてお寺の隅っこにつるされていました。そこから日本に伝わってきたのです。
今も日本では風鈴を家の門の前につるしておくと厄払いができるといわれています。

ところで、風鈴のノイズを聴くと、心地よくて自然と地雷が癒され穏やかな気持ちになって来る人間は多いでしょう。
実はこの現象はロジカルにも証明されていらっしゃる。
風鈴というのはフォルムが特殊な結果異なる高さの声が重なり合って結び付くらしきのです。
人間日にちというのは不規則なノイズの方が落ち着く傾向にあります。
こういう特有によって、不規則なローテーションで轟く風鈴のノイズに心が癒されるのです。
人間が喜ばしく落ち着くと考える揺らぎによるローテーションが風鈴の音と一致しているようなのです。ワンナイトラブした話をします。

いい人間だったけど、別れてしまった恋人との記念

わたくしが、29才の時に付き合っていた女房の話だ。
わたくしは、保育士をしていたのですが、なかなか恋愛がかしこくいかずしばらく女房はいませんでした。
29才という年もあり、友だちと集まれば「結婚したいね」や「好きな人間がほしいね」と答えの出ない話で語り合っていました。
元々、あまり人間を好きにはならない好みなのですが、好きになってしまうとのめり込む好みでした。
婚礼狙うという一心で、コンパに行ったり、触れ合いの舞台にも積極的に行っていました。
その女房とは、田舎の婚活催事で出逢いました。催事に参加したのは初めてで、いく前から支え人間と「どんな思い込みなんだろうね」
とドキドキしながら参加しました。
よくテレビジョンで見極めるような、1対1で順番に話をして、直後群れで話して、フリー時刻というような思い込みでした。
最初の1対1の話をやる段階で、ダディの年層の厳しいのに私たちの意欲は落ちてしまっていました。
地方で婚礼できない人間が多いようで、40お代や50お代の人間が幾分数以上で女房と言うより、おとうさんと呼びたくなるような見てくれの方らばかりでした。
支え人間と、「帰りたいね」と言って過ごしていました。主人は、そのの場合にいた唯一、年がくらいて普通に話せた人間でその時に連絡先を交換していました。
催事が終わってから、ラインのキャッチボールが訪れ、食事に行くことになりました。
2人間で出会うと恋愛に慣れてはいないけど、本当に潔癖で有難い人間なんだろうなぁというのは感じていました。2回視線のデートで「付き合ってほしい」と言われ、
すぐには、答えが出せず少し位置付けることにしました。公正、まだ主人のことはよくわからなかったし好きにはなってなかったのですが
結婚する人間ってそういった人間の方がいいのかなぁと願い付き合うことになりました。
付き合ううちに好きになっていくかなぁと思っていたので。
付き合ってからも、主人はやさしく本当に潔癖で可愛い人間なのですが、付き合って3か1ヶ月が経っても、私の気持ちはどうしても喜ばしい人間以上にはなりませんでした。
通常、このまま付き合ってたらダメだと憧れ、わたくしから離婚を話したのでした。
わたくしは、こういう恋愛を通してやっぱり、わたくしは自分が好きにならないとダメなんだなぁとつくづく感じてしまいました。ソフレ募集しているので誰かいませんか?